忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/24 02:09 |
『お姉ちゃんと一緒』SS 『Sunlight Days』
今週中には更新…とか言ってたくせに、また遅くなっちゃった☆…えへ(殴
と言うことで、毎度のコトながら、あいすさん、皆様サーセン…!orz
でも某所は無駄に更新してみたり…

さて、暑い日常が更に(色んな意味で)熱くなる『お姉ちゃんSS』ですよ!
実はこれも頂いてたの5月だったりします(殴
あれれ…おかしいな?
なんで今もう7月後半とかになってるの!?不思議!
でも時期的には丁度いいお話になってる気がしますよ。
これはアレだ…怪我の功名!
って…怪我したのは明らかに私じゃない件www
あいすさん…マジ す み ま せ ん !

拍手もパチパチありがとうございます!
お返事はこれまた今週中に頑張ります!

そんなわけで、あいすさんの素敵SSは以下からどうぞ!↓
魔法少女リリカルなのはif
‐お姉ちゃんと一緒‐
『Sunlight Days』


じりじりと照り付ける太陽。
少し前まで桜が咲いていたと思ったら、もう夏だ。
季節の流れとは早いものだ――と、何の気無しに思ってしまう。
アリシア「暑い……」
かなで「ああ、暑い……」
リニス「二人とも、『暑い』と言うともっと暑くなりますよ?」
……そしてまあ、これも恒例の風景かな。
アリシア「リニス、エアコン付けようエアコン!」
リニス「だめです。身体に悪いんですから」
かなで「でも、扇風機だけじゃ耐えられないぜリニスー…」
アルフ「なんでフェイトとリニスは涼しい顔してられるのー…」
フェイト「別にどうってこともないけど……」
強いて言えば、なのは想えば火もまた涼し…かな?
アリシア「ごめん、
それは熱々過ぎて暑さを感じないだけじゃないかな」
フェイト「それ、アリサ達にも言われたよ……」
かなで「にしたって、暑すぎる……。水浴びでもすりゃ涼しくなるんだろうか」
かなでの言葉に、お姉ちゃんがピクリと反応する。
そして、ガバッと立ち上がって
アリシア「それだよ!」
と叫んだ。



アリシア「今日、皆に集まってもらったのは他でもない……」
シグナム「プールか海に行きたいんだろう?」
シグナムがいきなり核心を突いた!
アリシア「初っ端から核心を突いてくるなんて……シグナム、恐ろしい子!」
お姉ちゃんノリノリだなあ……。
アリシア「というわけで、皆でプール行こうよ」
シグナム「突然 身も蓋も無いな……」
かなで「言ってやるな。脈絡が無いのがアリシアだ」
二人も呆れてこそいるが、なんだかんだでプールに異存はないらしい。
ツヴァイ「はやてちゃん、どうします?」
はやて「もちろん行くよ?こんなに暑いんやし、ずっと家の中エアコンの中じゃ身体壊すって」
アリシア「じゃあリイン除く八神家参加ってことで」
因みにリインフォースは色々と事情があって休日登校している。
はやてによれば、早めに終わらせてから遅れて合流するつもりみたいだ。
アリシア「アリサとすずかはもう呼んであるから、なのはは……」
お姉ちゃんが周りをざっと見渡す。
ヴィータ「いないぞ」
アリシア「え?」
ヴィータ「店が忙しいみてーだ」
鳩が豆鉄砲を喰らったような顔をするお姉ちゃん。
今までなのはがいなかったことに気付かなかったのも、ある意味すごいけどね……。
リニス「無理矢理誘うわけにはいきませんし、諦めましょう」
アリシア「ふ、ふふふ…残念…残念なんかじゃ……」←フェードアウト
すごく残念そうだ。
私は…、私は残念なんかじゃ……←フェードアウト
シャマル「一応メール入れておいたから、一段落したら来るんじゃないかしら?」
アリシア「むー…、まあしょうがないか」
お姉ちゃんはやっと納得したようだ。
でも……よく考えたら、なのはがいないイベントなんて久しぶりかもしれない。
出逢ってからこの数年、私やお姉ちゃんはずっとなのはと一緒にいたし――
お姉ちゃんは学校でなのはと会えるわけでもないから、きっと余計に寂しいんだと思う。
アリシア「さて、じゃあ行こうか!」
ヴィータ「待て、アリシア」
ずかずかと歩き出すお姉ちゃんの服襟をヴィータが(ちょっと背伸びして)掴む。
アリシア「な、何?あとヴィータ、首締まるから」
ヴィータ「あたし達、家に戻らないと水着がない……」
シャマル「あら、大丈夫よ?」
笑顔で『旅の鏡』に手を突っ込んでいるシャマル。
……あれって、ああいう用途の魔法だっけ?
かなで「さて、他に問題は?」
はやて「特に無いんとちゃうかな」
ツヴァイ「はい、無いですぅ!」
ツヴァイは早くもやる気満々、といった感じだ。やっぱり子供なんだなぁ…。
フェイト「じゃあ、行こうか」
リニス「ええ、そうしましょう」
アリシア「それじゃ、出発の合図はフェイト担当ということで」
フェイト「ええっ!?できないよ!というかいらないよ、そういうの!」
かなで「おいおい、どうした?フェイトが合図してくれないと、俺達は出発できないんだがな」
こういうときはいつもコンビネーションバッチリで、本当にずるいなぁ。
なのはがいてくれたら、一緒にやってくれるんだけど…いつまでも頼ってちゃ、だめだよね。
フェイト「え、えーと…しゅっぱーつ!」
頼りない私の出発の合図に、みんなは大きな声と笑顔を以って応じてくれた。


―あとがき―
夏のプール編、前編です。
そういえば、ボーカロイド苦手なあいすが先日初めて『ブラック★ロックシューター』なる曲を聴いてみました。
なんていうか…何このフェイなのフェイソング。萌え死んだ。聴いたことの無い人、一度聴くことをおすすめします。

あ、遅くなりましたが、なのトラ参加者の方々 お疲れ様でした!
あいすは例の如く行けなかったわけですが、まあしょうがないよね。用事あったんだし。

四期も新たな盛り上がりを見せる『魔法少女リリカルなのは』、私達の手でもどんどん盛り上げていきましょう!
テスタロッサ姉妹・リインフォース姉妹・ナカジマ姉妹大好きなあいすでした!いずれも姉には異常な愛情を注いでおりますっ!

Return to myself
あいす
PR

2009/07/20 00:28 | Comments(0) | TrackBack(0) | アリシアお姉ちゃんSS

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<天体は変態じゃない&拍手お返事 | HOME | 本日2回目更新!『お姉ちゃんと一緒』SS外伝>>

Copyright(c)2009 hachikai All Rights Reserved.

忍者ブログ[PR]