忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/24 02:05 |
頂きものSS&まだまだ続くニーソネタ
ひとりごとの予告通り更新します。

なんと今日は素敵頂きものを公開です!!
というわけで『気まぐれ工房 蒼』の高宮蒼涼さんから、また素敵SS貰っちゃったんだぜぃ☆
…と言っても掲載するまでに大分時間掛かってしまいましたが;
ちなみに元ネタの記事はコレだっ! >>
ええ、まさかのニーソ巻いちゃったフェイトさんですよwww
mattioさんどころか高宮さんまでも巻き込みましたっ!www
ほんと変態の力は偉大ですね!(違
…いい加減私ファンから刺されるんじゃないのかしら?w

とは言いましても、高宮さんのSSは至って純粋なお話です!
もはや元ネタとか「え、元ねた?なにそれおいしいの?」な感じですよ!!!
なんでも2枚目のオチを見る前に思いつかれたとか…
いやもう、オチがあんなのですみませんでしたーーーー!!!(土下座
すみませんなついでにもう1つやらかしておこうかと思います(殴

…はい、もう、うちのフェイトさんは放っておいて、
以下から素敵なシリアスラブなフェイなのSS読んじゃってください!!!
と言うかこの子ストーカーとかにならないかしら…と心配してみる(描いたの自分だけど!

と、その前に…
補足ありがとうございます!!!感謝!!!
CG定点観測様
Mooele様

拍手もパチパチありがとうございます!
お返事はまた次回させて頂きます。

というわけで、高宮さんの書かれた素敵シリアスラブなフェイなのSSは以下からどうぞ!
素敵シリアスラブなフェイなのSS



別れ際、すれ違ったときに囁かれた言葉。
でも、私が返した言葉は……
なんでだろう。
窓から見えた白に思わず外へ飛び出す。
約束の時間から1時間経っているのに……
私は約束の場所に向かっていた。



薄い藍に舞う白。
その中にある色に息をのむ。
「どう……して」
それは、あるはずのない色。 
「なんで……なんでココにいるの」
黒のリボンで一つに結わえられた艶やかな金色。 
「一時間も過ぎてるんだよ」
紺色のコートに白いマフラーを巻いて佇む貴女を呼んだ。
「……フェイトちゃん」
ゆっくりとこちらを振り向く貴女に。
「行かないっていったよね」
「うん、でも私は待ってるって言ったよ」
「私が来なかったらどうするつもりだったの?」
「どうだったのかな……」
うっすらとコートに積もった白が、 どれだけの時間そこにいたのかを示していて。
「風邪引いたらどうするの」
「ひかないよ、そんなことしたら心配かけちゃうから」
苦笑しながら紡がれた言葉はあたたかくて。
「フェイトちゃんがなに考えてるか……分からないよ……」
なんでそんなことが言えるのだろう……
「そっか……」
他の人のことを気にかけて……
「そうだよ」
自分のことは二の次にする。
「でもね、なのは」
「なに?」
「来てくれたよ」
ふわりと微笑まれて顔が熱くなる。
「……それは」
言葉を探していると……
「来てくれるって思ってたから」
どうしてそんなに優しい瞳ができるのだろう。
「っ!」
その紅を見ていられなくなり、視線をそらす。
視界に入ったのはコートにある、白。
「……肩」
「ん?」
「雪、積もってるよ」
「あ、ほんとうだ」
まるで今、気づいたかのように言う言葉にあきれる。
「寒いんじゃない?」
「そうでもない……かな」
曖昧に返す言葉にため息をつく。
白が広がった。
「……もう」
手を伸ばし、コートのポケットに入っていたフェイトちゃんの手を引き出す。
「なのは?」
握ったその手は、やっぱり少し冷たかった。
「冷たいじゃない」
「そうかな?」
ほんとにこの人は……放っておけない。
「そうだよ」
放っておかせてくれない。
「なのはがあったかいんだよ」
その口が紡ぐ言葉に鼓動が跳ねる。
「なのは?」
返事のかわりに指と指を絡めて、しっかりと握り直す。
「フェイトちゃんが冷たすぎるんだよ」
きょとんとした後……
「……あったかい」
きゅっと握られた。
自分よりも少しかたい掌と、少し長いその指。
握られた手に感じる体温が心地良い。
「……くしゅっ」
冷たい風が首を撫で、思わずくしゃみをする。
雪の降っている中で立ち話をしていたことに気が付く。
「はい」
ふわりとかけられたのは白のマフラー。
「これじゃフェイトちゃんが寒いよ?」
マフラーの残り香にまた鼓動が早くなる。
「それよりも、私はなのはが風邪引く方がいやだな」
耳元で囁かれた言葉に、想いが溢れる。

あぁ……本当に。

「ほら、行こう」
握られた手から感じる、貴女のやさしさ。
「なのは」
少し低い貴女の声で呼ばれ、早くなる鼓動。

この人にはかなわない。

「うん」

手を引かれて、その場を後にした。



END

 


あああああああ…ななななんですかこの素敵な子達!!!
健気になのはさんを待ってるフェイトさんにキュンとしました!主に私が!←
フェイトさん…本当になのはさん大好きなんですね。
なのはさんのためなら風邪すらも引かないとか…さすが高宮さんちのフェイトさん!
うちの子にもせめて王子様属性があればいいのに(無 理 だ w
なのはさんも恋人がこんな優しい人じゃ色々気苦労が絶えないでしょうね。
が…がんばれっ!(何
PR

2009/04/22 22:23 | Comments(0) | TrackBack(0) | 頂き物

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<宣伝&拍手お返事 | HOME | 当選してた!&拍手お返事>>

Copyright(c)2009 hachikai All Rights Reserved.

忍者ブログ[PR]